企業内大学―就職後にきっちり学べて安心!

企業内大学―就職後にきっちり学べて安心!

コーポレートユニバーシティ(CU)とも呼ばれる「企業内大学」は様々な企業で取り入れられ始めています。実務的な研修だけでなく、社員自らが目標やキャリアアップのために学ぶ場を選択できる研修制度なのです。

実務研修と違うの?

企業は、新人研修など多彩な研修を導入していますが、「企業内大学」はそんな実務研修に加え、ワンランク上の学びが受けられるシステムです。

研修の場合・・・

≪目的≫
ビジネスマナーや通常業務に必要なスキルの向上
多くの企業が実施しているOJT(On-the-Job Training)は、実務に必要なビジネスマナーやスキルを、上司・先輩から部下に継承していくもの。
直近の業務に必要なことのみを学ぶ
業務を円滑に進めることを目的にしているため、直近の実務的業務に関することがほとんどで、業務内のステップアップには効果的。
≪講師≫
多くの場合、企業の人事部
その企業の業務に必要な知識の習得がほとんどのため、社内の人事部が主催で行う。
≪内容≫
社内の課題解決のための講義
企業が考える「社内の課題」に対して、それを解決するための講義内容が多い。
業務に必要なことを全て網羅
新人研修や実務に関する研修は必要不可欠なものなので、受動的になってしまうことも。

企業内大学の場合・・・

≪目的≫
将来のキャリアアップにつなげる
すぐ業務に役に立つことのみを学ぶのではなく、社員の能動的な学習を促し、将来に向けてキャリアアップを後押しする。
幅広い知識やスキルをつける
大学のように必修科目や学部を設けることで、目標を持って長期的視点かつ、幅広い興味のあるテーマを学ぶことができる。
≪講師≫
社内だけでなく、社外の講師も
社内の専門スタッフや社外から講師を招いたりと、専門的かつ組織戦略によって有意義な講義が実現。
≪内容≫
社員の関心の高い講義を実施
社員の声を把握して、ニーズに適した内容や講師を設定。自然と社員が興味を持ちやすい講義が増える。
担当者が現場社員のニーズを汲み取る
現場の社員が自らの経験を体系化して講義内容を決定するため、主催者側もスキルアップできる。

企業内大学のメリットってなに?

社内で優秀な人材を育てていくための、魅力的な企業内の研修制度です。全社員を対象にして設定されているため、社員側にも多くのメリットがあります。

企業側は、人材不足の解消や社員のスキルアップが期待!

1.優秀な人材を育て人材不足の解消に
会社が求める能力を得るための講義カリキュラムで、その業務やポストに必要な人材を内部で育てることができる。
2. 社員の能力を全体的に底上げ
新たな人材獲得が難しい場合、全社員の知識を深めて力をつけ、優秀な戦力として活躍できる人材に育てられる。
3. 企業の特長としてアピール
売り手市場の現在。企業内大学の設置が「社員育成の重視」や「キャリアアップ支援」と企業を選ぶ際の魅力的な一要素となる。

社員側は、やる気次第で将来のキャリアアップが見込める!

1. 将来的なキャリアアップが見込める
能力や業務によって、様々な講義が準備されているため、「自身の目標達成」や「将来のキャリアプラン実現」の講義を自ら選んで受講できる。
2. 全社員平等に学ぶ機会を得ることができる
多くの場合、雇用形態や勤務年数などに関わらず全社員が受講対象とされている。自らのやる気でスキルアップが可能に。
3. 部署を越えて、社員の繋がりができる
通常の業務では顔を合わせない他部署の社員と意見を交わしたり、教え合ったりすることで、横の繋がりができる。
4. 教える立場での活躍もできる
企業によっては認定した社員を講師として登壇させる制度も。講師となる側は、スキルの向上や人脈の構築などさまざまな学びがある。

つまり・・・

優秀な人材確保』と『社員の能力向上』の2つの効果が期待できる!
入社後も安心して成長できる、積極的に学びたくなる企業!
ステップアップのための大きな一歩。自分の成長のためにサポートしてくれる企業も視野に入れてキチンと企業研究しよう!